にっこうざん りんのうじ

えん ねん の まい
延年舞
ごあんない

平成245月17日(木) あさ8時〜(約15分間)

於・三仏堂 (日光山 総本堂)

えんねんのまい

三仏堂 (日光山 総本堂)内部で行われる「延年の舞」


延年舞(えんねんのまい)は、慈覚大師 円仁(じかくだいし・えんにん=栃木県出身・第三代天台座主)が、唐から将来した秘舞曲で、寺伝によれば嘉祥元年(848)大師が日光山に来山された時、伝えられたものといわれており、千年以上の歴史と伝統があります。

天下泰平・国土安穏・延年長寿を希
(ねが)って日光山の諸仏諸神に奉納される舞で、江戸時代からは、東照大権現の例大祭にさきがけて奉舞されるようになりました。

日光山の神仏習合の信仰を、今に伝える大切な行事の一つです。

『延年の舞』 の行列
マウス・カーソルを、写真の上に置くと画像が変化します。

毎年5月17日の午前8時、僧侶約15名の行列が「逍遥園」の朱雀門を出発し、三仏堂に入堂します。

行列の先頭は、輪王寺一山の新座住職二人が伝統的に役を担う『舞衆』
(まいしゅう)で、『頌衆』(じゅしゅう)と呼ばれる声明を唱える僧侶たちが、そのあとに続きます。

「舞衆」の衣装は、緋色の直垂
(ひたたれ)に白の大口袴(おおぐちばかま)・短刀を背中につけ、白袈裟(しろげさ)で頭を「かぶと形」に包んでいます。

お堂の中央には檜の敷舞台が設けられています。
二人の「舞衆」は舞台に上がり、『頌衆』
(じゅしゅう)と呼ばれる声明を唱える僧侶たちは舞台の後方にならびます。

入堂すると上座の舞衆は舞台正面に進み、「延年頌」
(えんねんじゅ)の歌唱が始まり、日光山本尊に向かって舞が始まります。上座の次に下座が舞い、15分ほどで終了します。

えんねんのまい
マウス・カーソルを、写真の上に置くと画像が変化します。

古くは比叡山・東大寺・興福寺などでも舞われましたが、現在では、日光の輪王寺と岩手県平泉の毛越寺などに残るのみとなった大変めずらしい行事です。

 「延年の舞」の参観 

延年の舞は、本来『秘舞』とされていますが、5月17日の朝8時に三仏堂境内にお越しになれば、行列をご覧になることが出来ます。

またその際、三仏堂下の札所
(下写真)で、拝観券三仏堂券・お一人400円)をお求めになれば、三仏堂内部の座敷で参観することができます。

三仏堂・下札所 (したふだしょ)
マウス・カーソルを、写真の上に置くと画像が変化します

 ご注意! : 「延年の舞」の写真・ビデオ撮影、録音は出来ません。


お問い合せ

日光山 輪王寺 教化部
(きょうかぶ)
tel 0288
-54-0531 fax 0288-54-0534


e-mail


行事のご案内へ戻る