日光山輪王寺

活動を知る(詳細)

宝物殿

日光山輪王寺宝物殿 所蔵品展 「春を招く寿」

日光山輪王寺宝物殿 所蔵品展

春を招く寿(ことほぎ)

ごあいさつ

 

 師走からお正月にかけて,日光では新しい年を迎えるさまざまな行事が執り行われます。

 新春とはいいながら,この季節は寒さが最も身にしみる季節です。古来の暦法では,正月から3月が春,4月から6月が夏と3か月ごとに四季が設定されていました。1月が春で4月から夏といわれても,今はなかなか実感が伴いません。

 現在の太陽暦を取り入れたのが明治5年(1872)12月。それ以前は太陽太陰暦(天保暦・旧暦)によって暦を定めていました。これを現在に当てはめると,令和2年元旦は旧12月7日,新春が始まる旧1月1日は今のカレンダーの1月25日。冬至から1か月,日も少し長くなり,厳しい寒さの中にも,春に向かう明るさを実感できる季節です。

 正月には,年を迎えるために家の中を飾り,大黒天や寿老人などの七福神を招き,寺や神社に初参りするなど,新しい年を幸福・健康に過ごせるよう準備をし,願をかけます。また,和歌を詠み,百人一首などのかるた取りをして,新春の風情を楽しみます。

 江戸時代,日光をはじめ比叡山や江戸寛永寺を兼務された輪王寺宮様も,お正月は日光にお出ましになりました。宮様が日光で過ごされた旧本坊は宝物殿のあるこの場所です。冷たい風の中にも暖かな日差しが差し込むこの季節,福を招く文物と冬の風情を楽しみながら,静かなひとときを送っていただければ幸いに存じます。

 

展示期間:2019年12月5日(木)から2020年2月4日(火)まで

 

令和元年12月 輪王寺宝物殿

【主な展示品】 ☆国宝 ◎重要文化財

☆大般涅槃経集解 巻第27            1巻        平安時代

◎鋳銅半肉千手観音像         1面        平安時代

 公現法親王筆 陽春布徳澤          1幅        江戸時代

 川合玉堂筆 蓬莱山之図             1幅        昭和時代

  天真法親王筆 普門品        3巻        江戸時代

 六歌仙屏風                      1隻        江戸時代

 壽老人・鯉瀧之図                     3幅巻     江戸時代

  井出の玉川図(徳川吉宗公筆)        1幅         江戸時代

次回展示予告 2020年2月6日(木)~4月8日(水)

 


 

活動を知る

  • 「本堂執行のひとりごと」

      「本堂執行のひとりごと」   輪王寺 本堂執行 中里 卓雄    輪王寺のお庭、逍遙園の秋季ライトアップは、元々秋の紅葉シーズ…

    詳しくみる
  • 「神仏習合」

    「神仏習合」  輪王寺 教化部長 菅原道信  日光山は、奈良時代末(天平神護二年)に勝道上人が開山されて以来、神仏習合の霊山として、現在に至るまで沢山の方々より…

    詳しくみる
  • 徳川家康公の肖像

    日光山輪王寺宝物殿 所蔵品展 徳川家康公の肖像 2020年10月 9日(金)から12月 9日(水)まで   ごあいさつ    輪王寺は徳川家…

    詳しくみる