日光山輪王寺

活動を知る(詳細)

法話

念彼観音力

念彼観音力

中禅寺 執行

人見良典

 

 現在、世界的コロナ禍の中、皆さんも大きな制約、大きなストレスの中、見えないウイルスと戦いながら、日常生活を過ごされていることと思います。

 

 「法華経」というお経の中に「観音菩薩普門品第二十五」という一章があります。

 

 これは、観音様が私たちの遭遇する色々な苦難に出会った時、観世音菩薩の偉大なる慈悲の力をもって、我々を救ってくれると説いています。

 

 人々が困難に出会い、さまざまな苦しみに悩まされるとき、観音様の優れた力によって人々の苦しみを救ってくれる。智恵に富んださまざまな手段によって、どんな所にでも現れないことはない。そして、悪趣(あくしゅ)に現れた観音様は、いろいろな神通力と方便によって苦しみを滅ぼしてくれる。

 

 また、観音様は、苦しみや死の苦難が訪れたとき、最後のよりどころとなり、あらゆる功徳を持ち、慈悲の目をもって人々を眺めている。その福の集まる姿は無量である。だから、手を合わせ、観音様を念じるべきである。と説いています。

 

 この手を合わせ、観音様を念じることを「念彼観音力」といい、手を合わせて観音様を念ずると、私たちが持っている生命力が満ち、そうすることによって、安らかな心、強い精神、人を思いやる気持ちが目覚めさせられるのではないでしょうか。

 

 こんな今だからこそ、手を合わせご先祖さま、観音様を静かに念じる一時を持つことが大切なのではないでしょうか。

合 掌

活動を知る

  • 「本堂執行のひとりごと」

      「本堂執行のひとりごと」   輪王寺 本堂執行 中里 卓雄    輪王寺のお庭、逍遙園の秋季ライトアップは、元々秋の紅葉シーズ…

    詳しくみる
  • 「神仏習合」

    「神仏習合」  輪王寺 教化部長 菅原道信  日光山は、奈良時代末(天平神護二年)に勝道上人が開山されて以来、神仏習合の霊山として、現在に至るまで沢山の方々より…

    詳しくみる
  • 徳川家康公の肖像

    日光山輪王寺宝物殿 所蔵品展 徳川家康公の肖像 2020年10月 9日(金)から12月 9日(水)まで   ごあいさつ    輪王寺は徳川家…

    詳しくみる