日光山輪王寺

活動を知る(詳細)

法話

「本堂執行のひとりごと」

 

「本堂執行のひとりごと」

 

輪王寺 本堂執行

中里 卓雄

 

 輪王寺のお庭、逍遙園の秋季ライトアップは、元々秋の紅葉シーズンに交通渋滞で拝観時間にたどり着けなかった方のために始めたサービスですが、お陰様でこの10年間で関東首都圏では結構周知されてきました。

 

 池に映る紅葉はそれは見事なものです。ライトを照らすのも、上からと下からじゃ同じ風景でも全然見え方が違うんです。

 

 人や物事に対しても、上から目線、下から目線ってあるでしょ。下から目線ってあまり使わない言葉ですかね。でも下から目線ってすごく大切なんですよ。

例えば、困っている人がいたら、助けてあげるんじゃなくて、助けるっていう事なんだと思うんです。よく「○○してあげたのに、何のお礼もない。」とか云う人いるじゃないですか。結局、してあげる人って見返りを期待してしまうんですよね。

 

 天台宗では布教活動の一環として「一隅を照らす運動」というのを毎年実施しています。本来の意味とはちょっと違いますが、一隅を照らすのも、下から照らす方が同じ世界でもより美しく見え、素晴らしくなると思いませんか?

 

 

 

活動を知る

  • 天台宗栃木教区主催伝教大師千二百年大遠忌法要が開催されました

    令和三年六月九日、石塚輪王寺門主を大導師に、村田栃木教区宗務所長を導師に迎え、 「天台宗栃木教区主催伝教大師千二百年大遠忌法要」が三仏堂にて執り行われました。 …

    詳しくみる
  • 得度式が行われました

    令和三年八月十八日、輪王寺本坊表書院にて、石塚門主戒師のもと得度式が執り行われました。 関係者出仕・参列の中、輪王寺一山はじめ栃木教区内寺院六名の法嗣が無事受戒…

    詳しくみる
  • 「一水四見」

    「一水四見」 教化部長 菅原道信   瑜伽師地論というお経には、「一水四見(いっすいしけん)」と呼ばれる喩えが載っています。 我々は、水を透き通った液…

    詳しくみる