日光山輪王寺

活動を知る(詳細)

法話

「本堂執行のひとりごと」

 

「本堂執行のひとりごと」

 

輪王寺 本堂執行

中里 卓雄

 

 輪王寺のお庭、逍遙園の秋季ライトアップは、元々秋の紅葉シーズンに交通渋滞で拝観時間にたどり着けなかった方のために始めたサービスですが、お陰様でこの10年間で関東首都圏では結構周知されてきました。

 

 池に映る紅葉はそれは見事なものです。ライトを照らすのも、上からと下からじゃ同じ風景でも全然見え方が違うんです。

 

 人や物事に対しても、上から目線、下から目線ってあるでしょ。下から目線ってあまり使わない言葉ですかね。でも下から目線ってすごく大切なんですよ。

例えば、困っている人がいたら、助けてあげるんじゃなくて、助けるっていう事なんだと思うんです。よく「○○してあげたのに、何のお礼もない。」とか云う人いるじゃないですか。結局、してあげる人って見返りを期待してしまうんですよね。

 

 天台宗では布教活動の一環として「一隅を照らす運動」というのを毎年実施しています。本来の意味とはちょっと違いますが、一隅を照らすのも、下から照らす方が同じ世界でもより美しく見え、素晴らしくなると思いませんか?

 

 

 

活動を知る

  • 日光山開創と徳川家

    日光山輪王寺宝物殿 所蔵品展 日光山開創と徳川家 ―奈良・平安・鎌倉・江戸― 2021年6月11日(金)から 8月 4日(水)まで ごあいさつ  日光山の長い歴…

    詳しくみる
  • 鞘仏さん

    鞘仏さん   輪王寺 宝物殿館長 柴田立史    中禅寺湖の奥地の千手浜では、もうそろそろ九輪草の花盛りの話題が口の端にのぼる頃かと思います。可憐な花…

    詳しくみる
  • 最澄上人ご遺誡

    最澄上人ご遺誡   輪王寺 教化部長 菅原道信   天台宗祖師伝教大師最澄上人は浄土に旅立たれる折、「怨みをもって怨み報ぜば怨み息まず。徳を…

    詳しくみる