日光山輪王寺

活動を知る(詳細)

法話

「一水四見」

「一水四見」

教化部長

菅原道信

 

瑜伽師地論というお経には、「一水四見(いっすいしけん)」と呼ばれる喩えが載っています。

我々は、水を透き通った液体つまり「水」と見ますが、自在に水上を歩く天界の方々からは「ガラス」に、地獄の亡者からは「血の池」に、魚類からは「住処」に見えることから、立場の違いでそれぞれの見方が変わると説くものです。

 

自らを他者と比べれば、生まれた環境や世代の差もあるでしょうし、考え方に違いが生じるは至極当然のことです。

しかし、自分と違うその人の考えを、少しでも理解することが出来れば、信頼が生まれ、お互い助け合うことが出来ます。そして、助け合えば助け合う程、もっと深く、その人の考えを理解出来るようになります。

 

それぞれが違う人格だからこそ、その差違を判ってあげることが必要です。水を眺めるだけで四種類の見方に分かれるのですから、この世の中はさぞかし数多の見方に分かれていることでしょう。

昨今耳目を集める「LGBT」の問題がそうであるように、多様な立場の権利を認めるには「他者への敬意」こそが大切なのです。

 

妙法蓮華経薬草喩品というお経では、仏の教えを雨に喩えて「雨は、小さな植物や中ぐらいの植物、或いは大きな植物すべてを平等に潤す。降った場所、植物の大きさにより差別されることはない。」と説きます。仏の教えの下では、差別無く、皆平等なのだということです。

 

金子みすゞの詩に「みんなちがって、みんないい」という有名な詞があることは、皆さん良くご存じかと思いますが、この詞は図らずも、「仏の教え」を端的に表現しています。

多様なる全てを平等に救うのが「仏の教え」、つまり仏教なのです。

 

 

活動を知る

  • 天台宗栃木教区主催伝教大師千二百年大遠忌法要が開催されました

    令和三年六月九日、石塚輪王寺門主を大導師に、村田栃木教区宗務所長を導師に迎え、 「天台宗栃木教区主催伝教大師千二百年大遠忌法要」が三仏堂にて執り行われました。 …

    詳しくみる
  • 得度式が行われました

    令和三年八月十八日、輪王寺本坊表書院にて、石塚門主戒師のもと得度式が執り行われました。 関係者出仕・参列の中、輪王寺一山はじめ栃木教区内寺院六名の法嗣が無事受戒…

    詳しくみる
  • 「一水四見」

    「一水四見」 教化部長 菅原道信   瑜伽師地論というお経には、「一水四見(いっすいしけん)」と呼ばれる喩えが載っています。 我々は、水を透き通った液…

    詳しくみる