日光山輪王寺

活動を知る(詳細)

法話

『四苦』

四苦

 

教化部長 菅原 道信

 

 仏教では、この世での苦しみを「四苦(しく)」と名付け、「生」「老」「病」「死」の四種に区分します。

 老いること、病に罹ること、死ぬことは、確かに「苦」でありますが、意外に思われるかも知れませんが、生きることまで「苦」に分類されるのです。

 我々の肉体は永遠ではないので、どんな丈夫な方も必ず「死」を迎えるのが、この世の理(ことわり)です。生命を授かった時から、いわば「死」へのカウントダウンは始まってしまいます。仁王様が具現される阿吽のごとく、人生始まりがあれば、必ず終わりが来るのです。

 このように限りある「生」の中で、一筋の明かりを見いだすことが出来るならば、それこそ人生の醍醐味なのではないでしょうか。

 伝教大師最澄上人はこれを「一隅を照らせ」と表現されました。

 また、伝教大師は「人として生まれることは、大海に落とした針を探すより、高山に落とした糸を探すより難しいことなのだ」と「願文」で述べられています。

せっかく生まれてきたのですから、先徳の有難いお言葉を頼りに、人生を楽しんで生きてみたいものです。

活動を知る

  • 『四苦』

    四苦   教化部長 菅原 道信    仏教では、この世での苦しみを「四苦(しく)」と名付け、「生」「老」「病」「死」の四種に区分します。  …

    詳しくみる
  • 東照大権現と薬師如来―神君家康公の本地仏―

    日光山輪王寺宝物殿 特別展             東照大権現と薬師如来 ―神君家康公の本地仏― 2022年10月6日(木)から 12月 6日(火)まで &nb…

    詳しくみる
  • 日光山と勝道上人

    日光山と勝道上人 輪王寺 総務部長 鈴 木 常 元   「日光山は今を去ること1250余年前、勝道上人(しょうどうしょうにん)によって開山された」と、…

    詳しくみる