日光山輪王寺

年間行事

強飯式 ごうはんしき

 

日光の祭礼行事はたくさんありますが、そのうち最も特徴のあるのが強飯式です。

「日光責め」ともいわれ、山伏が三升入りの大椀を持って「喰え喰え」と責める様はあまりにも有名です。

この儀式を頂戴すれば七難即滅・七福即生、運が開けるといわれます。

 

期間:4月2日(火) 午前11時、午後2時

場所:大護摩堂

 

 

 

 

 

活動を知る

  • 徳川家光公について

      徳川家光公について 家光公は慶長9年(1604) 7月17日,江戸に生まれました。家光公は祖父の徳川家康公を深く敬愛していました。幼い家光公が病の…

    詳しくみる
  • 日光三社権現本地仏

      日光三社権現本地仏 三仏堂の内陣には、日光三社権現本地仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)という三体の大仏さま(高さ7.5メートル)と、東照三社権…

    詳しくみる
  • 大猷院廟 拝殿

      大猷院廟 拝殿 大猷院の中心伽藍で、拝殿・相の間(あいのま)・本殿から構成されています。写真の拝殿は、東照宮の権現作りをそのまま生かし、規模は小さ…

    詳しくみる