日光山輪王寺

年間行事

御祥忌法要 ごしょうきほうよう

 

徳川三代将軍「家光公」の祥月命日に行われる大法会です。

大猷院殿とは後光明天皇より賜った家光公の諡号(=おくりな)です。

法要は、輪王寺門跡お導師のもと、七条袈裟に威儀を正した一山僧侶が総出仕で、

密教の胎蔵界曼荼羅供法要を執り行います。

法要中には、さまざまな声明(=お経に節をつけて唱える声楽)が唱えられます。

参列者は日光市長はじめ市内外の関係者、約90名です。

 

期間:4月20日 午前11時

場所:大猷院

 

活動を知る

  • 手  放  す

    手  放  す   輪王寺 総務部長 鈴木常元    人生は『何を手に入れたか』ではなく、『何を手放したか』『何を手放せたか』なのだ。そう思…

    詳しくみる
  • 日光山の風流(ふうりゅう)と風雅(ふうが)

    日光山輪王寺宝物殿 所蔵品展   日光山の風流(ふうりゅう)と風雅(ふうが) 2021年2月11日(木)から 4月 6日(火)まで   ごあ…

    詳しくみる
  • 雲外蒼天(うんがいそうてん)

    雲外蒼天 輪王寺 執事長 今井 昌英 「雲の外には蒼い天が広がっている」    実を申せば、これは仏教語ではありません。中国の古典がもとになり、日本な…

    詳しくみる