日光山輪王寺

年間行事

延年舞 えいねんのまい

 

延年舞は慈覚大師 円仁(栃木県出身・天台座主)が唐から将来した秘舞曲で、

寺伝によれば嘉祥元年(848)慈覚大師が日光山に来山された時、

伝えられたものといわれており、約1170年の歴史と伝統があります。

毎年5月17日の午前9時、輪王寺一山の新座住職二人が伝統的に役を担う舞衆を先頭に、約15名の僧侶の行列が、逍遥園の朱雀門を出発し本堂(三仏堂)に入堂します。

お堂の中央には檜製の敷舞台が設けられています。

二人の舞衆は舞台に上がり、『延年頌』と呼ばれる声明を唱える僧侶たち(頌衆)は舞台の後方にならびます。

舞衆は緋色の直垂に白の大口袴・短刀を背中につけ、白袈裟で頭をかぶと形に包んでいます。

入堂が終わると上座の舞衆は舞台正面に進み、延年頌の歌唱が始まり、舞が始まります。

上座の次に下座が舞い、15分ほどで終了します。

 

期間:5月17日(金)午前9時

場所:本堂(三仏堂)

 

 

活動を知る

  • 徳川家光公について

      徳川家光公について 家光公は慶長9年(1604) 7月17日,江戸に生まれました。家光公は祖父の徳川家康公を深く敬愛していました。幼い家光公が病の…

    詳しくみる
  • 日光三社権現本地仏

      日光三社権現本地仏 三仏堂の内陣には、日光三社権現本地仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)という三体の大仏さま(高さ7.5メートル)と、東照三社権…

    詳しくみる
  • 大猷院廟 拝殿

      大猷院廟 拝殿 大猷院の中心伽藍で、拝殿・相の間(あいのま)・本殿から構成されています。写真の拝殿は、東照宮の権現作りをそのまま生かし、規模は小さ…

    詳しくみる