日光山輪王寺

年間行事

煤払供養 すすはらいくよう

 

輪王寺一山総出仕でおこなわれます。

先ず導師により本尊様に対し「これから煤払いを始めます」という報告と発遣作法(はっけんさほう)が修され、

次に身を淨めた僧および職員(全員で約100名)により輪王寺全区域、(約10箇所)で一斉に大掃除が行われます。  

本堂に於いては、役僧(やくそう)が高さ約7.5mの御本尊のお身ぬぐいを、また職員と関係者が堂内の清掃をおこないます。

一年間の煤を払う大切な行事です。

 

期間:12月14日 午前8時20分

場所: 本堂(三仏堂)

 

 

活動を知る

  • 「日光の社寺」世界遺産登録20周年記念 霊山を開く 

    令和元年年 8月 8日(木)~ 10月8日(火)   ごあいさつ 「日光の社寺」がユネスコ世界遺産に登録されて今年で20年を迎えました。このたびはこれ…

    詳しくみる
  • 徳川家光公について

      徳川家光公について 家光公は慶長9年(1604) 7月17日,江戸に生まれました。家光公は祖父の徳川家康公を深く敬愛していました。幼い家光公が病の…

    詳しくみる
  • 日光三所権現本地仏

      日光三所権現本地仏 三仏堂の内陣には、日光三所権現本地仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)という三体の大仏さま(高さ7.5メートル)と、東照三所権…

    詳しくみる