日光山輪王寺

年間行事

御供加持 ごくうかじ

 

「もち」は仏神に対する最高の供えもので、山伏の大切な携帯食品でもあります。

当山の餅つきは「餅練り」といい、往古より峰修行の行者(山伏)によっておこなわれる伝統行事です。

現在は毎年12月21日、本堂広前の結界内で行われます。

 

期間:12月21日 午前8時20分

場所:本堂(三仏堂)境内

 

 

 

活動を知る

  • 「本堂執行のひとりごと」

      「本堂執行のひとりごと」   輪王寺 本堂執行 中里 卓雄    輪王寺のお庭、逍遙園の秋季ライトアップは、元々秋の紅葉シーズ…

    詳しくみる
  • 「神仏習合」

    「神仏習合」  輪王寺 教化部長 菅原道信  日光山は、奈良時代末(天平神護二年)に勝道上人が開山されて以来、神仏習合の霊山として、現在に至るまで沢山の方々より…

    詳しくみる
  • 徳川家康公の肖像

    日光山輪王寺宝物殿 所蔵品展 徳川家康公の肖像 2020年10月 9日(金)から12月 9日(水)まで   ごあいさつ    輪王寺は徳川家…

    詳しくみる