日光山輪王寺

年間行事

御供加持 ごくうかじ

 

「もち」は仏神に対する最高の供えもので、山伏の大切な携帯食品でもあります。

当山の餅つきは「餅練り」といい、往古より峰修行の行者(山伏)によっておこなわれる伝統行事です。

現在は毎年12月21日、本堂広前の結界内で行われます。

 

期間:12月21日 午前8時20分

場所:本堂(三仏堂)境内

 

 

 

活動を知る

  • 永遠の命

    永遠の命 輪王寺 執事長                      今井昌英    あるSFドラマのクライマックスで、アンドロイド(人型ロボット)が人…

    詳しくみる
  • お盆

    お盆 中禅寺執行 人見良典  お盆とは、「盂蘭盆経」というお経をもとに、七月十五日を中心に行われた「盂蘭盆会」という行事に由来します。  この盂蘭盆経には、お釈…

    詳しくみる
  • 日光山開創と徳川家

    日光山輪王寺宝物殿 所蔵品展 日光山開創と徳川家 ―奈良・平安・鎌倉・江戸― 2021年6月11日(金)から 8月 4日(水)まで ごあいさつ  日光山の長い歴…

    詳しくみる