日光山輪王寺

年間行事

御供加持 ごくうかじ

 

「もち」は仏神に対する最高の供えもので、山伏の大切な携帯食品でもあります。

当山の餅つきは「餅練り」といい、往古より峰修行の行者(山伏)によっておこなわれる伝統行事です。

現在は毎年12月21日、本堂広前の結界内で行われます。

 

期間:12月21日 午前8時20分

場所:本堂(三仏堂)境内

 

 

 

活動を知る

  • 徳川家光公について

      徳川家光公について 家光公は慶長9年(1604) 7月17日,江戸に生まれました。家光公は祖父の徳川家康公を深く敬愛していました。幼い家光公が病の…

    詳しくみる
  • 日光三所権現本地仏

      日光三所権現本地仏 三仏堂の内陣には、日光三所権現本地仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)という三体の大仏さま(高さ7.5メートル)と、東照三所権…

    詳しくみる
  • 大猷院廟 拝殿

      大猷院廟 拝殿 大猷院の中心伽藍で、拝殿・相の間(あいのま)・本殿から構成されています。写真の拝殿は、東照宮の権現作りをそのまま生かし、規模は小さ…

    詳しくみる