日光山輪王寺

輪王寺の歴史

日光山は天平神護二年に勝道上人により開山

日光山は天平神護二年(766年)に勝道上人(しょうどうしょうにん)により開山されました。
以来、平安時代には空海、円仁ら高僧の来山伝説が伝えられ、鎌倉時代には源頼朝公の寄進などが行われ、関東の一大霊場として栄えました。江戸時代になると家康公の東照宮や、三代将軍家光公の大猷院廟が建立され、日光山の大本堂である三仏堂と共にその威容を今に伝えております。

ライブカメラ

「三仏堂」の、現在の様子です。(画像は10分おきに更新されます)
※ 画像は自動更新されません。更新の際は、お使いのブラウザの更新ボタンをクリックして下さい。

日光の今昔

明治の頃から日光は輪王寺・東照宮・二荒山神社の三カ所が参詣所とされ、それぞれの境内は、いつも賑わっています。しかし、それ以前は「日光山」としてひとつに包括された関東の一大霊場だったのです。

奈良時代の末、勝道上人によって日光山は開かれました。四本龍寺が建てられ、日光(二荒)権現もまつられます。鎌倉時代には将軍家の帰依著しく、鎌倉将軍の護持僧として仕える僧侶が輩出します。この頃には神仏習合が進展し、三山(男体山・女峰山・太郎山)三仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)三社(新宮・滝尾・本宮)を同一視する考えが整い、山岳修行修験道(山伏/やまぶし)が盛んになります。室町時代には、所領十八万石、500におよぶ僧坊が建ちならび、その隆盛を極めます。

江戸時代、天海大僧正(慈眼大師/じげんだいし)が住職となり、山王一実神道(天台宗)の教えで「家康公」を東照大権現として日光山に迎えまつります。「輪王寺(りんのうじ)」の称号が天皇家から勅許され、さらに慈眼大師(天海大僧正)・三代将軍「家光」公が新たにまつられ、「日光門主」と呼ばれる輪王寺宮法親王(皇族出身の僧侶)が住し、宗門を管領することになりました。法親王は14代を数え、幕末に及びました。

明治になり、神仏分離の荒波を越えて現在の「輪王寺(りんのうじ)」があるのです。

活動を知る

  • 徳川家光公について

      徳川家光公について 家光公は慶長9年(1604) 7月17日,江戸に生まれました。家光公は祖父の徳川家康公を深く敬愛していました。幼い家光公が病の…

    詳しくみる
  • 日光三所権現本地仏

      日光三所権現本地仏 三仏堂の内陣には、日光三所権現本地仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)という三体の大仏さま(高さ7.5メートル)と、東照三所権…

    詳しくみる
  • 大猷院廟 拝殿

      大猷院廟 拝殿 大猷院の中心伽藍で、拝殿・相の間(あいのま)・本殿から構成されています。写真の拝殿は、東照宮の権現作りをそのまま生かし、規模は小さ…

    詳しくみる