日光山輪王寺

寺院の紹介

寺院一覧

大護摩堂

 

日光山随一の護摩祈願所です。

一日3回の護摩祈願が、毎日行われています。

朝7時30分 、午前11時、 午後2時
・祈願ご希望の方は、祈願時間の10分ほど前までに、大護摩堂受付へお越し下さい。
・祈願所要時間は、約50分です。
・祈願料は、3000円からです。

 

 

令和3年新春護摩祈祷のご案内

毎年恒例となっております新春の護摩祈祷は、世相を鑑み、通常1日3座のところ1日5座を執り行います。時間は下記の通りとなりますので、お時間調整の上、各座15分前までに護摩堂にお越しください。

 尚、お堂に直接お越しいただけない場合は、郵送でのご祈祷も行っておりますので、どうぞご利用ください。

 

 期間:1月1日~3日 *4日以降は、通常の3座7時半、11時、14時となります。

 時間:7時半、9時半、11時、12時半、14時 

*ただし、3日の1座目は7時となります。

 

〇コロナウイルス感染拡大防止の一環として、お堂に入る際のマスクの着用、手指の消毒、検温等をお願いしています。ご信者の皆様のご協力をお願いいたします。

〇また、例年とは異なる設え、段取りになることもございますが、ご了承ください。

 

令和3年新春特別護摩は、郵送でも受け付けています。お申込みはこちらをご覧ください。

 

 

 

内陣

大護摩堂の内陣には、ご本尊「五大明王」(ごだいみょうおう・平安中期作)を中心に、「七福神」や「十二天」など30躰の仏さまや祖師像がお祀りされています。天井には、故「吉原北宰」氏(国指定彩色保存選定技術保持者)が、2年半の歳月を費やして完成された「大昇竜」(だいしょうりゅう)が描かれています。お堂の位置は日光山総本堂「三仏堂」の「裏手」になります。

 

 

護摩堂写経体験

お経は一文字一文字が仏様の教えです。

字を書くのが上手下手、遅い早いは関係ありません。

一文字ずつ心を込めてお写経ください。

世界遺産の境内で少しの間日常を離れ、心を整えゆっくりとした時間をお過ごしください。

通常、「般若心経」(276文字)を写していただきますが、初心者や外国人の方のために短いお経「本覚讃」(59文字)のご用意もございます。

難しいものではありませんので、お気軽にご参加ください。


〇場所:護摩堂2階法和室

〇時間:9時~15時最終受付(冬季11月~3月は14時)

〇所要時間:30分~1時間半

〇納経料:「般若心経」、「本覚讃」いずれの場合も1巻につき¥1,000(小中学生¥800)

〇最大収容人数:約120名(120名を超える団体様は、要相談にてご対応させていただきます。)

〇基本的に予約は必要ありません。時間内に護摩堂までお越しください。

〇団体の方、小中学生の受け入れも可能ですが、人数が10名を超える場合はご予約ください。

〇除外日:1月1~7日、2月3日、4月2日、5月GW最終日、9月14日

 上記以外にもお寺の法要等の都合で開催できない場合がございます。

 詳しくは、お電話、E-mail等でお問い合わせください。

〇電話:0288-54-0532

〇E-mail:gomado@rinnoji.or.jp

 

拝観再開いたしましたが、引き続き郵送による写経を受け付けています。お申込みはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

活動を知る

  • 手  放  す

    手  放  す   輪王寺 総務部長 鈴木常元    人生は『何を手に入れたか』ではなく、『何を手放したか』『何を手放せたか』なのだ。そう思…

    詳しくみる
  • 日光山の風流(ふうりゅう)と風雅(ふうが)

    日光山輪王寺宝物殿 所蔵品展   日光山の風流(ふうりゅう)と風雅(ふうが) 2021年2月11日(木)から 4月 6日(火)まで   ごあ…

    詳しくみる
  • 雲外蒼天(うんがいそうてん)

    雲外蒼天 輪王寺 執事長 今井 昌英 「雲の外には蒼い天が広がっている」    実を申せば、これは仏教語ではありません。中国の古典がもとになり、日本な…

    詳しくみる