日光山輪王寺

寺院の紹介

寺院一覧

大護摩堂

日光随一の護摩祈願所として、多くの参拝者の要望に応えるため、1998年に新築された祈願専用のお堂です。

家内安全・身体健全・商売繁昌などの現世利益を不動明王様の火炎によって祈願する護摩祈願が毎日行われ、どなたでもご参列することができます。

 

 

 

【護摩祈願について】

 

◆祈願時間:朝7時30分 、午前9時半、午前11時、午後12時半、 午後2時

      ※7時30分以外は祈願者がいる場合のみ実施となります。

 

◆祈願料金:3千円・5千円・1万円・2万円・3万円・5万円・10万円

      ※クレジットカード等のキャッシュレス決済も2023年10月から開始致します。(大護摩堂のみ)


・祈願ご希望の方は、祈願時間の10分ほど前までに、大護摩堂祈願受付へお越し下さい。
・祈願所要時間は、約30分です。(参列者数により若干長くなる場合があります)
・団体でのご参列の場合は、事前にご連絡いただければお席を確保させていただきます。

・都合により時間変更や実施しない場合がありますので、予めご了承ください。

・新型コロナウイルス感染拡大期間に「病気平癒」「傷病平癒」祈願の方へお渡ししていた角大師札は、政府のレベル引き下げに伴い、令和5年5月7日をもって終了とさせていただきます。お求めの方は、護摩堂にて1枚1,000円にてお頒ちしております。

 

◆護摩祈祷は、郵送でも受け付けています。お申込みはこちらをご覧ください。

 

 

 

<注意すべき星回りと厄年>

 

令和6年に衰運期・変動期に入る方の生まれ年

※但し、二月の立春より星が変わるので、それ以前に生まれた方は前年が誕生年になります。

★一白水星は、暗剣殺となるので特に注意が必要です。

 

 

※星回りの早見表は、こちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 


 

内陣

大護摩堂の内陣には、ご本尊「五大明王」(ごだいみょうおう・平安中期作)を中心に、「七福神」や「十二天」など30躰の仏さまや祖師像がお祀りされています。天井には、故「吉原北宰」氏(国指定彩色保存選定技術保持者)が、2年半の歳月を費やして完成された「大昇竜」(だいしょうりゅう)が描かれています。お堂の位置は日光山総本堂「三仏堂」の「裏手」になります。

 

 

護摩堂写経体験

お経は一文字一文字が仏様の教えです。

字を書くのが上手下手、遅い早いは関係ありません。

一文字ずつ心を込めてお写経ください。

世界遺産の境内で少しの間日常を離れ、心を整えゆっくりとした時間をお過ごしください。

通常、「般若心経」(276文字)を写していただきますが、初心者や外国人の方のために短いお経「本覚讃」(59文字)のご用意もございます。

難しいものではありませんので、お気軽にご参加ください。

日 時

4月~10月 9:00~15:00(最終受付)

11月~3月 9:00~14:00(最終受付)

場 所 護摩堂2回法話室(最大120名まで)

予 約

持ち物

個人は予約不要 (10名を超える団体はご予約ください)

用具は一式揃えておりますので、手ぶらでお越しください

種 類

納経料

般若心経(1時間程度)、本覚讃(15分程度)

いずれも1巻 1,000円(中学生以下800円)

その他

■除外日

2024年1月1日~7日,2月24日~25日

都合により開催できない場合がございますので、電話またはメールにて

お問合せください

 

○電話  0288-54-0532(大護摩堂直通)

○メール gomado@rinnoji.or.jp

 

■納経数に応じて記念品を差し上げております(輪王寺仕様”般若心経”のみ)

○5 巻 切絵御朱印

○10巻 大昇龍朱印帳

○50巻 輪王寺袈裟と御朱印

○100巻 表彰状(額付)+記念写真+名札掲示(護摩堂2階)

 

 

ご自宅で写経希望の方は、郵送でもご参加いただけます。お申込みはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

活動を知る

  • 「節分と鬼」

    「節分と鬼」 薬師堂執行 小暮道芳    はじめに、令和6年1月1日に発生しました「令和6年能登半島地震」におきまして、犠牲となられた方々に深く哀悼の…

    詳しくみる
  • 徳川将軍家の芸術―書画を中心に

    日光山輪王寺宝物殿 所蔵品展 徳川将軍家の芸術―書画を中心に   2024年1月25日(木)から 3月 26日(火)まで   ごあいさつ &…

    詳しくみる
  • お坊さんのつぶやき

    「お坊さんのつぶやき」   本堂執行 荻原貞宣   私が過去に教員であった時にある生徒が質問をしてきました。 「先生、あけましておめでとうって何がおめ…

    詳しくみる