日光山輪王寺

寺院の紹介

寺院一覧

本堂(三仏堂)

 

日光山 総本堂 三仏堂(さんぶつどう)
【重要文化財 世界遺産】

輪王寺の本堂は日光山随一、東日本では最も大きな木造の建物で、平安時代に創建された、全国でも数少ない天台密教形式のお堂です。現在の建物は、正保2(1645)年、徳川三代将軍「家光」公によって建て替えられました。 三仏堂の前には、推定樹齢500年という、天然記念物に指定されている「金剛桜」(こんごうざくら)が植えられています。 三仏堂の内陣には、日光三所権現本地仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)という三体の大仏さま(高さ7.5メートル)と、東照三所権現本地仏(薬師如来・阿弥陀如来・釈迦如来)という掛仏の、2組の三尊仏がご本尊さまとしてお祀りされています。

 

 

 

活動を知る

  • 諸行無常(しょぎょうむじょう)

    諸行無常(しょぎょうむじょう)   輪王寺執事長 今井昌英    日光山の紅葉は、例年10月下旬にはじまり、11月3日の「文化の日」あたりに…

    詳しくみる
  • 8月4日(火)「平和の鐘」を行いました。

    例年、比叡山延暦寺にて行われている『比叡山宗教サミット「世界宗教者平和の祈りの集い」』が、新型コロナウイルス感染症の影響により縮小しての開催となり、全国の寺院教…

    詳しくみる
  • 日光の信仰と瀧尾山

    日光山輪王寺宝物殿 所蔵品展 日光の信仰と瀧尾山 ―空海来山1200年― 2020年 8月 6日(木)から10月 7日(水)まで   ごあいさつ &n…

    詳しくみる