日光山輪王寺

寺院の紹介

寺院一覧

本堂(三仏堂)

 

日光山 総本堂 三仏堂(さんぶつどう)
【重要文化財 世界遺産】

輪王寺の本堂は日光山随一、東日本では最も大きな木造の建物で、平安時代に創建された、全国でも数少ない天台密教形式のお堂です。現在の建物は、正保2(1645)年、徳川三代将軍「家光」公によって建て替えられました。 三仏堂の前には、推定樹齢500年という、天然記念物に指定されている「金剛桜」(こんごうざくら)が植えられています。 三仏堂の内陣には、日光三所権現本地仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)という三体の大仏さま(高さ7.5メートル)と、東照三所権現本地仏(薬師如来・阿弥陀如来・釈迦如来)という掛仏の、2組の三尊仏がご本尊さまとしてお祀りされています。

 

 

 

活動を知る

  • 德川家康公坐像の公開について

    德川家康公坐像の公開について   輪王寺宝物殿館長   柴 田 立 史    令和5年3月1日から輪王寺三仏堂で德川家康公の尊像が一年間公開…

    詳しくみる
  • 本堂執行のひとりごと④

    本堂執行のひとりごと④ 輪王寺 本堂執行 中里 卓雄    早朝のジョギングを始めてから14年経ちます。  自然豊かな環境ですので、走っていると色々な…

    詳しくみる
  • 近世日光山を彩る将軍と宮様

    日光山輪王寺宝物殿 収蔵品展 近世日光山を彩る将軍と宮様 2022年12月8日(木)から2023年2月 7日(火)まで   ごあいさつ   …

    詳しくみる