日光山輪王寺

寺院の紹介

寺院一覧

紫雲閣

 

 

紫雲閣は、約1250年の歴史を有する輪王寺の
布教活動・仏教文化の向上を目的として明治時代に創建された施設です。

現在の建物は、その約100年後の昭和61年に新築され、
近代的設備を伴って一新されたものです。

一階のホールは、講演・会議・展覧会・休憩所などとして、
また二階の仏間は、法話・写経・茶会など多目的に利用できます。

活動を知る

  • 徳川家光公について

      徳川家光公について 家光公は慶長9年(1604) 7月17日,江戸に生まれました。家光公は祖父の徳川家康公を深く敬愛していました。幼い家光公が病の…

    詳しくみる
  • 日光三所権現本地仏

      日光三所権現本地仏 三仏堂の内陣には、日光三所権現本地仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)という三体の大仏さま(高さ7.5メートル)と、東照三所権…

    詳しくみる
  • 大猷院廟 拝殿

      大猷院廟 拝殿 大猷院の中心伽藍で、拝殿・相の間(あいのま)・本殿から構成されています。写真の拝殿は、東照宮の権現作りをそのまま生かし、規模は小さ…

    詳しくみる